出張マッサージ概要

出張マッサージ

ネットショッピングのように、自宅に居ながら、商品を注文して届けてもらうシステムが、一般化している時代です。
それと同じように、マッサージをしてもらうために、外出せずに、自宅や宿泊先のホテルなどで、マッサージを受けることができる仕組みです。
それが出張マッサージです。

普段は、マッサージを受けるために、わざわざ、そこまで出向く必要があります。
しかし、時間の都合が合わないこと、そこまで遠いこと、時間がかかること、交通費がかかることなどの理由で、面倒になって、足が遠のいていることがあると思われます。

そのような要望を受けて、好きな時に、自分の時間の都合で、マッサージを受けることが可能になりました

病院で診察を受けるほど悪くはないが、チョット身体が疲れている時は、出張マッサージで、元気が取り戻せたら値打ちはあります。

マッサージのレベルがどの程度か不明ですが、どうでしょう?
値段の決まり方をチェックしておく必要があるでしょう。

出張マッサージのメリット

出張マッサージは、わざわざマッサージに出向かなくても、自宅など希望の場所にマッサージ師が
来てくれて、治療院と同様にマッサージが受けられます。

  • マッサージまで行くのが面倒
  • マッサージに行く時間の余裕がない
  • マッサージの営業時間内に行けない、仕事の都合で、
  • マッサージの後、そのまま眠りたい、

このような人には便利です。

  • マッサージまで、行かなくても良い
  • マッサージの後、帰る必要がなく、すぐ眠ることが出来る
  • 待ち時間が不要、時間を有効に活用できる
  • 自宅なので、緊張しない、心身ともリラックスした状態でマッサージが受けられる

出張マッサージにはこうしたメリットがあります。

自宅に限らずホテル、オフィス、友人宅等好きな場所に来てもらえます。
歩くのがつらいときは、来てくれるので、助かります。
事前に病院などにでも、出張マッサージが可能な場合があります、確認してください。
女性の場合は、女性のマッサージ師が対応してくれます、希望を伝えましょう。

こうして見ると、出張サービスにはいろいろとメリットがあります。
事前に確かめると良いでしょう。

未病治

「未病治」聞きなれない言葉です。
出張マッサージは、この未病治に大きく関係しているらしいです。
「治(ち)未病(みびょう)」が、正しいのです。

西洋医学では、健康か病気かの二元的な健康観があります。
つまり、健康でなければ病気、病気でなければ健康ということです。

東洋医学では、健康の状態には、どの程度良い健康状態か、
あるいはどの程度健康状態が悪いか=病気の一歩手前の状態かという、
連続的な健康状態のとらえ方をします。
つまり、一元的健康観です。

この未病の考え方によると,病気になる前に、病気の予兆を知ることによって、予防すること、
また、病気がいったん発病した場合でも、重篤にならないように、早期・適切に処置することが大切で、
これによって疾病が、他の臓器へ拡散したり、転移したり、また疾病の悪循環を防止することが
期待されるとしています。

東方医学では健康と病気の間に「未病」という発想があり、
「治未病」とは病気になる前の病気を治そうという考えであるそうです。
これは古くから、病気になることで死に直結すると考えられていたため、
病気に至る前に古くから伝わる治療を施して防いでおきましょうという考えです。

身体の症状には、ストレスや目の疲れ、仕事の疲れ、睡眠不足、
それらによる集中力散漫。慢性疲労や肩の凝りなどがあります。
また、腰痛、便秘、頭痛など病気になる前に身体にいろいろな予兆を出します。
軽視してしまっているものがあるでしょう。

これらは万病の原因になるSOSです。
東洋医学において、この時点で治療をしておくことが大事であるとされています。
身体に気を遣い常にベストコンディションに保つことが大事です。
これを「治未病」と言います。

出張マッサージは、「治未病」を実践することになります。
軽い症状であれば、マッサージで十分に改善することが期待できます。
また、リラックス効果による、ストレス解消も期待できます。

  • 本郷マッサージ店は健康工房は本郷駅からすぐのマッサージがうけられる治療院。マッサージ店というよりは、鍼治療と整体を組み合わせたようなクリニックで、四十肩などで悩んでいる肩のコリを和らげて、内側から治すことを得意としています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ