出張マッサージの開業

高齢化社会の進展から、要介護者の数も増えています。
要介護とまでは行かなくても、高齢で、外出が困難なため、出張マッサージを依頼したい、
と言う人も多いことでしょう。こうしたことから、出張マッサージも人気が高まっています。

出張マッサージを行うには、当然、まず鍼灸マッサージ師の国家取得を取得しなければいけません。
その上で、個人でマッサージ店を開業するか、
出張マッサージを行っている業者に就職することになります。

治療目的のマッサージ業を開業するには、マッサージ師の免許を取得した上で、
開業の申請を行なわなければいけません。

脱臼や骨折の患部を施術する場合は医師の同意が必要となります。
外科手術や投薬を行なうことは禁止されています。開業には最寄の保険所に申請を行います。
申請に必要な書類は都道府県ごとに定められ、事前の確認が必要です。

最近、とくに免許を持たず、治療ではなく一種のストレス解消ビジネスとして簡易マッサージの
サービスを提供するところも増えています。
最近よく見かける「クイックマッサージ」や「足つぼマッサージ」などは、今のところ国による資格はなく、
治療目的ではないので、医療法上の医業類似行為には該当せず、
法律による規制の対象とはなっていません。
このため無資格でも、民間の養成校などで技術を身につけて施術している人もいます。

まずは技術を習得し、マッサージ店などに就職して技術を磨き、経営のノウハウも身につけ、開業する、
という流れが一般的でしょう。
開業すれば、当然お客を獲得するため、新聞、雑誌、ネット、さらに張り紙などで
集客を行わなければいけません。
ただ、マッサージ業の施術行為は医療行為に準じているため、
マッサージの宣伝広告には制限があるので注意が要ります。

最近は、個人で開業しているマッサージ師のコミュニティなどもあり、
いろいろと情報交換も行われています。こうしたところで情報を得るのも良いでしょう。

出張マッサージは儲かるか

寝たきりの高齢者の増加から、医師・ホームヘルパー・ケアマネジャーなどと共に、
在宅ケアの一つの専門分野を担当するという位置づけで、
出張マッサージの社会的役割も高まっています。

出張マッサージは医療保険による在宅訪問施術が認められ、その他の保険種についても、
労災保険の適用が認められるケースもあります。
また、生活保護の医療扶助としてマッサージの訪問施術に対する支給も認められています。

一部の地域では、請求金額が一度患者へ支払われた後、患者を介して施術者へ支払われる、
償還払い形式となっている場合もあるようですが、これも近いうちに保険者から直接、
施術者へ支払われる委任払い(代理人払い) 方式になると言われています。
マッサージを療養費の支給対象とする制度は、各都道府県ごとで多少の違いはありますが、
ほとんど整備されたと言えるようです。

つまり、マッサージは医療であり、健康保険も条件付(医師同意必要)ですが取扱できるわけで、
資格を取得し、法律に即して出張マッサージを行っていくなら、
こうした面での収入も見込めることになります。

マッサージ自体、決して収益は高いものではありません。
開業するなら、店舗を持って開業となるとテナント代、ベット代などなどで
数百万~数千万円の大きな経費がかかってしまいます。
しかし、訪問マッサージは10万円もあれば独立可能です。

ニーズの高まりもあり、出張マッサージは今後注目される業種かもしれませんが、
ある程度の信頼を得て、安定した顧客を獲得するには、無資格ではなく、資格を取得し、
技術を磨き、経営のノウハウも身に付けたほうが良いでしょう。

出張マッサージは、勤務時間が不規則になります、深夜、休日も仕事が入ります、
かなり、ハードな労働条件になるので、覚悟してください。

ボディトリートメント

ボディトリートメントは、頭皮から、背中、足まで、全身をケアします。
身体のコリをほぐして、疲労回復や心身のリラクゼーションが得られます。

なかでも背中のトリートメントは、日ごろの緊張感や疲労が溜まった首や肩のコリをほぐして、
深いリラックス感が得られます。
普段、自分ではなかなかケアできない部位だけに、このトリートメントは、癒しの満足感があります。

また、背中のざらつきや水着の日焼け跡などをケアするボディトリートメントも人気があります。

医療とは区別される癒しを目的としたリラクゼーションの一つです。
アロマオイルの香りとマッサージの手技によって、自律神経に働きかけます。
交感神経の興奮が抑えられ、副交感神経の働きが優位になっている状態になります。
心身のストレスを緩和させます。
緊張が解かれている状態になり、疲れを解消したり心身をリラックスさせて、
安らぎをもたらしてスムーズに就寝へと導いてくれるのが特徴です。

医療行為として行う場合は医師免許が、
マッサージとして行う場合は、あん摩マッサージ指圧師資格が必要です。
これら国家資格の範囲外の場合=すなわち診断・治療行為に当たらない場合は、
一般にトリートメント等と呼んで運用しています。