旅行や仕事の出張して、あー、疲れたなあという時にマッサージをしてもらいたいという時ってありませんか?特に仕事で日中打ち合わせや営業をして、やっとホテルの部屋に戻ってきて、疲れた時にマッサージをしてもらった時の気持ち良さは、言葉に表現出来ません。

出張マッサージのメリット

そんな時にホテルの部屋に来てもらう、出張マッサージってすごく便利です。それは出張マッサージの特徴というのは、直接お客様のところに出向くというものなので、一般的にサロンに出向かなくても良く、疲れている時には本当にありがたいですよね。この出張マッサージが人気があるのは、色々なメリットがありますけれども、まずメリットとして上げることが出来るのは、マッサージが終わった後に、そのまま寝られるということです。サロンでマッサージをしてもらって、ああ、気持よかったということになっても、結局家とかホテルに戻らないと行けませんから、これはかなり身体に負担がかかってしまいます。また、出張マッサージは、深夜でも営業をしているので、ホテルや家に遅く戻ってきても来てもらえます。サロンでのマッサージですと、営業時間がありますから、そういうことは出来ません。あとは、マッサージを受ける環境が、自分の部屋だったり、ホテルの部屋ですから、本当にリラックス出来る状況でマッサージを受けることが出来ます。

出張マッサージのデメリット

こんなに便利でリラックスできる出張マッサージですが、やはりデメリットもあります。まずはコストの点です。出張マッサージの場合は、まずマッサージ自体が価格がサロンと比べると、高額になります。価格的に相場としては、安くても1時間あたり6,000円くらいになります。逆にサロンの場合ですと、価格競争がおきているので、1時間1000円というお店もあります。それと、マッサージの費用の他にセラピストの交通費も別途費用がかかります。旅先の出費ということもあって、財布の紐が緩むにしても、やはり出張マッサージの価格は安くはありません。あとは、セラピストの技量についてもお店によって違いますし、何よりもセラピストとの相性が悪い場合には、これは最悪です。通常、セラピストとの相性が悪いから帰ってくださいということになっても、これは料金は普通にかかりますし、何よりもマッサージで相性が悪いというのは、マッサージを受けている方は辛いところです。また、人気店だと待たされるということもありますので、この点はサロンでも同じです。

このように便利な出張マッサージにも、デメリットはあるのですが、人気が高いのは、やはり利便性が非常に優れているということを上げることが出来ます。とくここ数年は景気も良くなってきていることもあり、出張マッサージの需要は高く、それを受けて出張マッサージ側も様々なサービスを提供しているというのが、現状のようです。