出張マッサージを依頼する時に注意する事って?

出張マッサージは機械がやっているわけではなくて人がやっている事ですので、様々な制約が無い様であるのです。特に女性の場合、出張マッサージという仕事の性質上制約を設けなければ危険な事が発生する可能性が高いので、プロ意識の高いマッサージ師程に制約が多い傾向にあります。

ですから、出張マッサージを依頼する時にはダメな事はダメときちんと知っておく必要があります。

あるマッサージ師の話では、ビジネスホテルに呼ばれて行ったら泥酔したサラリーマンがいて、性的な事を求めてくるので客を放置して帰った上に、それをフロントに言いふらして帰ってきた、てな話もありましたのでね。自身の身の安全のため、そして気持ちの良い出張マッサージを利用するためにも注意すべき点を注意しましょう。

あまりに遠い場所からは呼ばない

出張マッサージ師も人ですので、どこでも行けるわけではありません。確かに時間さえかければ行く事は可能ですが、一回の施術のための交通にそこまで時間もお金もかけたくないでしょう。ですからあまりに遠い所にいるマッサージ師を呼びつけるような真似はよした方がいいです。

また、遠方であると出張料も高くつきますので、得策ではありません。交通に疲労して満足なモチベーションでマッサージする事が難しいマッサージ師に多額の料金を払うのは、施術をする側される側どちらもあまり得とはいえない行為でありましょう。ですからあまりに遠い場所から呼ぶ事はやめておきましょう。

泥酔した状態での施術はやめる

上記にある様に、泥酔するとどうしても気が大きくなってしまうので、様々なトラブルが発生しやすいといえます。マッサージを受けるという行為はどうしても身体の接触を含みますので、泥酔したような平常心からかけ離れた様な心理状態で受けると勘違いして興奮してしまいやすいものなのかもしれませんが、そういう傾向に自分があると自覚しているのであれば、元からマッサージ師を呼ぶ事を辞めておいた方がよいでしょう。

泥酔時のつまらないセクハラなどで人生を棒に振ってしまう事もあるわけですからね。

やはり、マッサージを受けるにしても最低限の礼儀というものがありますので、その辺りはわきまえた上で出張マッサージを利用しましょう。