出張マッサージと言うのは、マッサージ師の人に(お店によってはセラピストと言ったりしますが)してした場所、例えば、自宅やオフィス、出張先のホテルでもいいですが、そこまで来てもらって、マッサージをしてもらうことです。

出張マッサージの交通費はいくら位?

この出張マッサージの料金というのはどうなっているんでしょうか。チラシやウェブサイトなどで見ると、60分の価格、90分の価格、120分の価格とかありますよね。通常、出張マッサージの場合にかかる費用は、交通費です。この交通費も、遠くになればなるほど、コストがかさみます。ちなみに東京の恵比寿のあるマッサージサロンですと、

  • 渋谷区内:無料
  • 中野区、新宿区、千代田区、中央区、港区、品川区、目黒区:1,000円
  • 世田谷区、杉並区、豊島区、文京区、台東区、墨田区、江東区:2,000円
  • 練馬区、板橋区、北区、足立区、荒川区、葛飾区、江戸川区、大田区:3,000円

という価格になっています。

恵比寿から練馬までタクシーで行ったとすると、3,000円では絶対にすまないですから、交通費に関しては良心的な価格設定だと思いますね。このお店は。

時間で課金される料金体系

後の料金ということにあると、これは時間によって料金が変わってきます。調べてみると

  • 60分コース
  • 90分コース
  • 120分コース
  • 150分コース
  • 180分コース

など、時間が長くなれば長くなるほど、料金は上がっていきます。これは作業フィーがかかりますから、当然のことですよね。ただし、時間が増えれば増えるほど価格もあがりますけれども、一般的には時間が長くなれば長くなるほど単価が下がる傾向です。

つまり、90分コースが14,000円だと、180分コースが28,000円になったりすることはなく、普通は価格を下げていることが多いです。このケースで言えば、25,000円でサービスを提供しています。戦略的なプライシングという立場で考えると、当然の帰結ではありますけれども。

ツールを使うと料金も変わります

料金的に後変わってくるというと、具体的には普通のマッサージに対して

  • オイルマッサージ
  • アロママッサージ

というオプションがつくと、料金は変わります。こちらも通常ですと、オイルマッサージの場合は、20%加算されますし、アロママッサージになると、25〜30%増しというイメージです。

あとは、深夜の施術ということになると、料金が変わります。こちらも通常の日中の時間と比べると10%前後割増になります。これも、一般的にはすでに休んでいる人がいる時間帯の仕事ですから、割増料金になるというのは当然のことだと思います。

追加料金もあります

通常出張マッサージをお願いする時というのは、最初に時間のコースをお願いすることがほとんどです。つまり、120分コースとか60分コースとか。ただ、施術をしてもらうと、もっとお願いしたいということは必ずありますが、最初にいくら位なのか、確認をしておいたほうがいいと思います。通常は、30分毎にいくらということになっていることが多いです。

このように様々な料金がかかってきますが、何と言っても、自宅でプロのマッサージをしてもらえるというのは、ありがたいことですよね。それに、家に小さい子がいるから、マッサージをして欲しいけれども、家があけられないお母さんとかには、出張マッサージは安心してお願いできますし、女性のセラピストが来てくれることもありますから、そうすると、女性としても安心ですよね。